人間力開発講座

ホーム > ご参加者の声

ご参加者の声

※以下のご参加者の声は、以前、身体意識を鍛える「トップ・センター初級」「上丹田初級」「中丹田初級」「下丹田初級」へご参加された方々に、講座受講後から現在までの状況をインタビューという形でお伺いし、その内容をまとめたものです。「人間力開発講座」直接のご参加者の声ではありませんが、今回、運動総研講座に初めてのご参加を検討されている方のために掲載させていただくことにしました。

トップ・センター初級

[こんな動機をお持ちの方が参加されています]

  • ・優れたリーダーシップを発揮したい
  • ・トップ・センターが何なのかを知りたい
  • ・大所高所に立った高い視点で物事を見られるようになりたい
  • ・天地に連なるものを実感してみたい
  • ・楽に立てるようになりたい
  • ・ダンス・舞踊で楽に踊れるようになりたい
  • ・センターが通る、抜ける、貫く、立ち上がる、吊られるのを感じたい
  • ・心身ともにスーッと軸を通したい
  • ・快適な動きを追究したい
  • ・徹底的なリラクセーション状態を体感したい、など。

[ご参加者の声]

◎高岡先生の本は以前から読んでいたし、ゆる体操を教えているカルチャースクールにも通っていたのですが、ワンランク上を目指したかったので、昨年初めて運動総研の講座に参加しました。自分で本を見ながら身体意識のトレーニングをやったりもしていたのですが、どうしてもわからないところがあり、先に進めなかったのです。だから、センターのトレーニングはとても難しいという印象があったのですが、いつも行っていたゆる体操でセンターができてしまうということに、びっくりしました。このことは、私にとって大きな発見でした。高岡先生の指導はとてもわかりやすくて、ところどころで冗談を交えながらお話いただいたので面白かったし、初受講の私でもリラックスして講座に臨めました。あれから寝ゆるは毎日欠かさず続けていますが、前の自分と比べて、日常生活の中でもスッとして、楽に生きられるようになった気がします。ありがとうございました。

(H.Kさん/30代女性/大阪府/主婦)

◎1年前に受講しました。非常に楽しく取り組めました。講座中に実際にセンターが通った実感を味わうことができ、センターができるというのはこういうことなんだ、と感動しました。また講座直後には重心が高くなり、いつもより目線が高くなった気がしました。トレーニング内容が非常に具体的なので、一人でトレーニングするときにもとても助かります。環境センターを利用した「環境センター法」は、家や会社などでも時間を見つけては続けています。シンプルなテクニックですが、とても奥深いですね。最初は要領を得なかったのか、本当にこれでいいのだろうか、と心配になったこともあったのですが、ある日、会社で会議をやる前にいつものように環境センター法を行ったところ、私の身体の中央をスッと何かが貫いているのがわかりました。その後の会議では、大局観に立って皆の意見をまとめることができ、難しいと思っていた議題についてもすんなり解決してしまったので、「これがセンターの力なのかー」と本当に驚きました。やはり実際に講座で詳細なポイントを学べたのが、よかったのだと思います。

(A.Tさん/50代男性/愛知県/会社員)

このページのトップへ

上丹田初級

[こんな動機をお持ちの方が参加されています]

  • ・明晰な頭脳になりたい
  • ・頭の回転を良くしたい
  • ・理解力を向上させたい
  • ・頭を柔らかくしたい
  • ・洞察力と奥深い知性を身につけたい
  • ・常に的を得た認識・行動ができるようになりたい
  • ・知的な行動力をつけたい
  • ・もっと頭を効果的に使えるようになりたい
  • ・スッキリした表情にしたい
  • ・キリリと引き締まった端正な眉目になりたい
  • ・表情を明るくしたい
  • ・三丹田の司令塔として、優れた知の運用をできるようにしたい、など。

[ご参加者の声]

◎講座の中で、とても正確に上丹田の位置を特定してトレーニングするのがあったのですが、あそこまで厳密にやるとは正直驚きでした。そのワークは3人揃っていないとできないので、ふだんはやはり講座で教えていただいた一人でも簡単にできるメソッドをやっています。上丹田のトレーニングをした後は、見通しがよくなり、頭がスッキリと清明になるので、以前だったらつい逃げ腰になってしまうような困難な状況や忙しい状況の中でも、比較的スムーズに物事をこなせて、ベターな解答を導き出せるようになってきました。むりやりポジティブな考え方にするということではなく、首から肩が楽で、明るくて、周りがよく見られるようになったことで、明るい展望が持てるようになってきたのでしょう。これが上丹田なんでしょうね。本当にうまくいったときは頭のあたりがスーッと冴えるように気持ちよかったです。さらにトレーニングパフォーマンスを磨いていけば、何が起きても乗り越えられるという自信がついてくるのでは、という期待感をもっています。

(K.Kさん/30代男性/東京都/会社員)

◎他の講座も一緒に受講していたので、かなり脳が疲労をしていたのですが、上丹田を受けたら、首の凝りが取れたし、頭もスッキリしました。上丹田のワークは、頭の働きをよくするだけではなく、脳の疲労を取り去るのにもバッチリですね。手に頭を載せるメソッドを必ず毎日少しずつ続けているのですが、仕事でクタクタのときに背もたれ首モゾモゾ体操と一緒にやると、頭と目の疲労を一気に解消できますね。仕事の効率もずっと上がるし、何事においても段取りがずっとスムーズにいくようになりました。

(Y.Uさん/50代女性/東京都/会社経営者)

このページのトップへ

中丹田初級

[こんな動機をお持ちの方が参加されています]

  • ・情熱をもって何事にもあたりたい
  • ・ワクワクする感じを味わってみたい
  • ・胸郭をゆるめて呼吸を楽にしたい
  • ・危険のない、安全な状態で中丹田を形成したい
  • ・簡単な方法でやる気を高めたい
  • ・すぐ八つ当たりをしてしまう自分の性格を直したい
  • ・熱い気持ちで人と交わりたい
  • ・部下のやる気を高められるようになりたい
  • ・高いモチベーションを維持して仕事や勉強に臨めるようになりたい
  • ・熱い気持ちを持って試合、試験に臨めるようになりたい、など。

[ご参加者の声]

◎高岡先生の指導を実際に受けてみて、一見するとふだんやっているゆる体操と一緒なのに、効果がまったく違うので、びっくりしました。正しいやり方で胸フワ背フワ体操をやると、本当に胸と背中が大きくなるのですね。正しいやり方を指導を受けてやるのと、自分一人で自己流にやるのでこれほど違うものかと、目からウロコ以上…でした。一人でやるときは、講座で高岡先生がリードしてくださるときほどは、まだうまくできていないかもしれませんが、それでも段々コツが飲み込めてきました。中丹田が温かく感じられると、気持ちも明るくなりますし、身体も動きもずっと良くなります。身体の中にこんなパワーが眠っていたなんて、10代の頃からずっと空手、合気道や、様々な身体運動のトレーニングを続けてきた私には、衝撃でした。昨年末に受けてから、ずっと続けてますし、これからも上達していけるようにトレーニングを積んでいきます。

(T.Kさん/40代男性/沖縄県/中学校教員)

◎受講したのは、昨年の春です。本でゆる体操の勉強を始めた頃は、詳しいところが本当のところはよくわかりませんでした。体操は自己流でやっていたので、肩こりギュードサー体操などは一緒に組んだ方に指摘されて、初めてまったく違うやり方をしていたということに気がつきました。講座で参加者同士で細かくチェックしていく方法を教えてもらえるので、いろいろな弱点がわかってくるんですよね。後で気がついたのですが、いつもは身体を固めてやっていたようで、ベテランのパートナーの方に「もっとゆるみましょう」と励まされ、ゆるめてやってみるとうまくいきました。最初は課題が厳しいと思いましたが、できてしまえば楽だし、いつも上機嫌でいられて、人付き合いもずっと楽しくなりますね。もともと人付き合いがあまり得意でなかったので、久々に昔の友人に会うと「なんか変わったね。明るくなったんじゃないの」と言われます。受けてよかったです。

(T.Kさん/30代女性/大阪府/会社員)

このページのトップへ

下丹田初級

[こんな動機をお持ちの方が参加されています]

  • ・何事にも動じないで、落ち着いて対処できるようになりたい
  • ・よく通る、低い声を出せるようになりたい
  • ・いつも焦らないようになりたい
  • ・自由下丹田の作り方を学びたい
  • ・腰の中の操作能力を圧倒的に高めたい
  • ・ドッシリとした安定感を得たい
  • ・どんなトラブルにでも動じないようになりたい
  • ・試験やプレゼンなど大事な時に強くなりたい
  • ・体幹部の血行を良くして気持ちよくなりたい、など。

[ご参加者の声]

◎以前、健康雑誌で高齢者向け体操と読んだことがあったので、楽勝な体操なんだろうなと思っていたら、とんでもなかったです。ゆる体操の奥深さとそのコストパフォーマンスにびっくりしました。プロのアスリートの方も同じトレーニングしていると聞いて、断然やる気が出てしまいました。以前から丹田呼吸法を自己流でやっていたのですが、最初は下丹田とゆるめるということが全然結びつきませんでした。高岡先生にゆるまないと下丹田ができないとお聞きしても、本当かなと思ったくらいです。でも身体をとことんゆるめて下丹田のトレーニングを行うと、下腹に今まで味わったことのない、柔らかくて深い充実感があったので、あっこれなんだと思いました。しかも楽しくできてしまうのが、男の私には驚きでした。受講後に自分一人でトレーニングしているときにあの感覚を再現しようとしたのですが、なかなかうまくいかず焦っていたところ、昨年再受講した際に、高岡先生から「一足飛びに先を求めず、きちんとステップを踏んで、とにかくゆるみを積み重ねていくことが大事」とご指導いただきました。いまは毎回ゆるめることを大事にしながら続けています。少しずつですが、これが自由下丹田なのかな、と感じられるときがあります。また、以前よりもずっと呼吸が深く楽に入って、どんなときでも精神的にも落ち着けるようになってきました。もっと奥深い世界を感じたいので、また機会を見つけて高岡先生のご指導を受けに伺おうと思っています。

(H.Sさん/30代男性/東京都/治療師)

◎私は高校のときから演劇をやっていたので、発声練習のためにさまざまな呼吸法に取り組んできました。ただ、かなり腰が固かったので、腰をゆるめて息を入れるというのは、とても難しかったのです。そこで劇団の先輩に相談したところ、こういう講座があるとお聞きして、さっそく「下丹田初級」に参加することにしました。高岡先生のご指導のおかげで、腰の内部に意識が薄いところがあったり、そもそも呼吸法の認識が間違っているということにハッキリと気付かせていただきました。間違ったやり方をするとかえって身体を痛めてしまうし、融通の利かない人間になってしまうという話は衝撃でした。下丹田の正確な位置に関する情報もとてもためになりました。あれから1年くらい経ちますが、発声も格段と良くなり、精神的に落ち込んだときや、困難な出来事に遭遇したとき、即興でセリフを言わなくてはいけないときにも動じず対応することができるようになり、ものすごく役立っています。

(Y.Iさん/20代女性/神奈川県/舞台俳優)

このページのトップへ