人間力開発講座

ホーム > 人間力開発講座とは

人間力開発講座とは

人間の本質力である身体意識を変革できるか否かが、人間力を高めることに成功するためのカギとなる

皆さんは人間力というものを高めるにあたって、一所懸命本を読んだり、知識を増やす努力をしていることと思います。あるいは実践の現場で、たとえばビジネスマンだったら企業の仕事を懸命になって遂行したり、学生であれば学業にひたすら専心したり、スポーツ選手であればトレーニングや競技力の向上に懸命な努力を注ぎ込んだり、あるいは家庭の主婦であれば、自分の健康を高める努力をしつつ家族の健康のために日々食事を作ったり、衣服や住居を清潔に保つ努力をしたり、家族間の人間関係を温かく安らぎのあるものにするために努力をしたり、ということをまず考えることと思います。

  • 人間力開発講座のイメージ画像
  • 人間力開発講座のイメージ画像

ところが不思議なことに、そのような努力を志したり注ぎ込んでも、ものの見事に人間力を高め、深め、広めていくことができる人物もいれば(とはいえ充分に人間力を高められる人は稀ですけれども)、一方で、大多数の人々は志や努力の積み重ねに比して、思うほどの人間力の向上に成功しないという事実があります。

これはなぜかといいますと、今日研究の蓄積によって明らかになってきたことですが、人間の本質力のメカニズムである身体意識の構造とその機能を人間力の向上を目指した本人が変革させることができるか否かが、人間力を高めることに成功するかどうかの分かれ目になってくるからです。

つまり、成功する個人は必ず身体意識の変革に成功するがゆえに、結果として人間力の向上に成功する。一方、成功しない人たちは、身体意識の変革に成功することができないがゆえに、結果として人間力の向上に成功しないという事実があることが、わかってきたのです。

対応する身体意識が備わることがない限り、その人物はどんなに努力をしても、人間力を発揮することはできない

身体意識(※)については、すでに皆さんも部分的な知識がおありだろうと思いますが、トップ・センター(軸、中心軸、体軸、正中線などと言われるもの)や丹田という概念に代表される上丹田、中丹田、下丹田、あるいは私の研究の結果初めて知られることになったリバース、レーザー、ベスト、裏転子、ジンブレイド、流舟、パーム、心田等々がファクターになるわけです。

※「身体意識」とは、高岡英夫が発見した身体と精神との境界領域に形成される潜在意識のことである。視覚、聴覚をベースに成立する「視聴覚的意識」に対し、体性感覚をベースに成立する「体性感覚的意識」の学術的な省略表現としての名称である。また身体意識の英語表現を「ディレクト・システム(略称:DS)」といい、そのシステムを構成する要素である身体意識を「ディレクター」と呼ぶ。

ここで人間力の現れとして、誰もが認め、重要視する能力を挙げてみましょう。ブレることなく首尾一貫する発言や行動力、さらにはそれらをもっと大きく考えると首尾一貫した生き方や人生。どんな状況でも落ち着いて、本来あるべき判断や行動ができる能力。自ら情熱を燃やして、人々を率いて、困難に果敢に立ち向かって行く能力。そして、大所高所に立って、なおかつ緻密に正確にたくさんの情報を精査しながら、正解に辿り着く思考ができる能力。

以上4つ挙げたことは、もう一度確認しますが、人間力を求める人々にとって、どれもが否定し難い重要事であることは、間違いのないところでしょう。じつはこれらの能力は、順に申し上げていくと、身体意識で言うところの、1番目がトップ・センター、2番目が下丹田、3番目が中丹田、4番目が上丹田によって担われている能力なのです。

つまり、もっとわかりやすい言い方をすると、それら4つの身体意識がない限り、人はどんなに努力をしても、どんなに知識、能力に磨きをかけ、そしてどんなに歯ぎしりをして頑張ったとしても、いま申し上げた4つの能力というものを所有し、発揮することは決してできないのです。

世界中で行われてきた人間開発・能力開発にはない考え方と方法で、人間力を高める理論、知識、方法、実技能力を習得する

さらに人間力には、様々な多様な能力があります。人間関係を親和的に深めていく能力。緊張的になりがちな、誰でも肩に力が入りやすい状況でも決して力むことなく、肩肘を張らずにいられる能力。それから次々に訪れる困難で多様な状況の中を全体としての方向性を見失うことなく、それらの障害をスイスイとかわしながら突き進んで行ける能力。実行過程にいささかも力むことなく速やかに滑らかに入ることのできる能力。人を勇気づけ、人に温かい気持ちを与え、本人自らのやる気を引き出して、ものごとに立ち向かわせることのできる能力等々。これらの諸能力もまた人間力をまさに構成する必須のファクターであると、皆さんに共感を持っていただけるものと思います。

  • 人間力開発講座のイメージ画像

これらの能力もじつは様々に対応する身体意識の装置がその人物に備わる事がない限りは、決して生じ得ないものなのです。このことは人間の根底的な法則といってもよいことですが、こうした法則が発見されたという事実が、大変に有意義かつ幸福な結果を私たち人間にもたらしてくれることは、あらためて力説する必要もないことでしょう。私たちは、身体意識の各ファクターをトレーニングによって身につけることで、人間力の各ファクターを自在に我がものにできる時代に入ったのですから。

さて、この人間力の講座では、おそらくは世界のビジネス界をはじめとした諸領域で行われてきた最も広範な意味での人間開発、能力開発において、まったく行われたことのない考え方と方法をもってして、人間力を高める理論、知識、方法、実技能力を習得していただくことが可能なのです。

ページの先頭へ▲